ターミネーター3の感想や評価は?あらすじ&結末のネタバレまとめ!

ターミネーター3

どうも〜自称映画評論家のユタカです!

今回は超有名SF映画、
ターミネーター3の感想や評価を書いていきます。

ストーリーのあらすじや
結末のネタバレもまとめてみました!

スポンサーリンク


ターミネーター3とは?

ターミネーター3

ターミネーター2の正式な続編であり、2003年に公開。
1作目と2作目の監督であるジェームズ・キャメロンから、
ジョナサン・モストウへとバトンタッチします。
興業的にも失敗し、世間でもかなりの低評価となりました。

ジェームズ・キャメロン監督は、
ターミネーターは2作目で綺麗に完結している!3作目は必要ない!
と、本作の撮影には断固反対し、監督から降りました。

1作目と2作目でサラ・コナーを演じたリンダ・ハミルトンも、
『本作の脚本はつまらない!』と、出演を辞退。
さらに、2作目のジョン・コナー役のエドワード・ファーロングも、
薬物依存症により出演が禁止に。

監督・脚本・キャストを総取り替えとなった結果、
散々な出来となってしまった作品です。
ターミネーターの完全な黒歴史ですね。

2作目の完成度が高く綺麗にまとまっていただけに、
今作の存在が本当に残念でなりません!

ターミネーター3のストーリーのあらすじは?

ターミネーター3

前作から10年後の世界が舞台です。
審判の日を食い止めたジョン・コナーでしたが、
いつか何かが起こるんじゃないのか・・・
と、毎日に不安を感じ、不眠症状態に陥っていました。

そんな不安が的中し、23歳になった彼の前に、
再び2体のターミネーターが送り込まれてきます。

1体は、ジョン抹殺をプログラムされているT-X。
身体から武器を作り出す女性型ターミネーターです。
もう1体は、ジョンを守るようにプログラムされているT-850。
前作に登場したT-800の改良型ターミネーターです。

T-Xの襲撃からジョンを守ったT-850は、
ジョンに対して衝撃の事実を告げます。
『審判の日は回避したのではなく、延期しただけだ。』

更にジョンは、核戦争の勃発には、
ジョンの昔の恋人であり、未来の妻である、
ケイト・ブリュースターの父親が関わっていることを知りました。

ケイトの父親は、軍の高官ロバート・ブリュースターです。
ジョン、T-850、そしてケイトを加えた3人は、
審判の日を止めるべく、ロバートの元へ向かうことを決意します。
しかし、3人の前には、強敵であるT-Xが立ちはだかるのでした。

ターミネーター3のストーリー結末のネタバレ!

ターミネーター3

スポンサーリンク


核戦争の勃発まで残り数時間。ロバートの元にたどり着いた3人でしたが、
一足遅く、ロバートはT-Xに殺されてしまいました。
T-850とT-Xが死闘を繰り広げている中、
ジョンとケイトは軍のヘリコプターを使い、核シェルターへと向かいます。

核シェルターに到着したジョンとケイトですが、
再びT-Xが襲いかかってきました。命がけでジョンとケイトを守るT-850。
ジョンとケイトを核シェルターの奥に向かわせたT-850は、
T-Xを巻き込んで自爆をしました。

核シェルターの最深部にたどり着いたジョンとケイト。
しかし、そこには古い機械が置いてあるだけの狭い部屋でした。
二人が核シェルターに潜んでいる間に、ついに核戦争が起こります。

核戦争は止められないとわかっていたT-850は、
人間軍の指揮者ジョンと妻であるケイトを、生き延びさせたのです。
T-850の使命は、核戦争を止めることではなく、
ジョンとケイトを生き延びさせること。

それを知ったジョンとケイトは、未来の平和のために、
二人で生き延びることを決意したのでした。

ターミネーター3の感想や評価まとめ!

ターミネーター3

ただのSFアクション映画としてはそこそこの面白さだと思いますが、
ターミネーターの続編としてはつまらないです。

まず物語に矛盾があります。前作のジョンは10歳で、
それから10年後の舞台が今作なのですが、ジョンの年齢が23歳になっています。
・・・3歳多くない?この矛盾に対しても、ジェームズ・キャメロンがブチ切れる始末です。

更に、子供時代のジョンは超美形でしたが、大人時代のジョンがブサイクすぎます。
と言うのはさすがに言い過ぎですけど、子供時代のジョンの面影が一切ありません!
キャストが違うのでどうしようもないですが、
せめて、もう少しイケメンの俳優を使ってほしかった!

あのジョンが、なぜこんな猿顔になってしまったんだ!!
とショックを受けたファンは多かったはずです。性格も頼りなくて情けないですし。

T-Xという女性型のターミネーターの登場は新しいですが、
何より液体金属というT-1000のインパクトが強すぎたので、
どうしても見劣りしてしまいますね。
T-Xは電磁波を操ったり、武器を作り出したりするのですが、
T-1000のような見た目のインパクトも少ないです。

そして何より、前作で審判の日を回避するために戦ったのに、
回避したのでなく延期しただけ!という設定がムチャクチャすぎます。

前回の必死の戦いは何だったんだ!そんなことしたら、
タイムリープ作品は何でもありになっちゃうだろ!と、思った人は多いはず。
2作目で綺麗に完結したはずなのに、無理やり続編を作ったがために、
ところどころにボロが出てしまいましたね。

脚本、キャスト共に、かなり残念な出来だと思います。
ただ、1作目や2作目のオマージュなども散りばめられており、
そういうシーンを観るのはなかなか面白かったです。

例えば、シュワちゃんが人間を殺さなかったり、車を壊さずにキーを使って運転したり、
2作目でジョンから習った教えを守っているシーンには、
思わずクスッとしました。シルバーマン先生の登場にも笑いました。

物語中盤にあるカーチェイスも、ド派手なアクションたっぷりで今作の最大の見せ場です。
色々と残念な点はありますけど、やはりターミネーターファンとしては、
一度は観ておきたい作品ではあると思います。あまり期待せずに観るようにしましょう!

ターミネーター3をユタカが評価!(☆5点中)

ストーリー :☆☆
キャラクター:☆☆
音楽    :☆☆☆
面白さ   :☆☆
総合点数  :☆☆

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です