ハリーポッターと死の秘宝Part1の感想や評価は?結末のネタバレも!

ハリーポッターと死の秘宝Part1

どうも〜自称映画評論家のユタカです!

今回は映画ハリーポッターシリーズの第7作目の前編、
ハリーポッターと死の秘宝Part1の
感想や評価について述べていきます。

ストーリーのあらすじや、結末のネタバレもまとめてみました!

スポンサーリンク


ハリーポッターと死の秘宝Part1とは?

ハリーポッターと死の秘宝Part1

2010年にデヴィッド・イェーツ監督により公開された、
ハリーポッターシリーズの第7作目の前編。
ハリーポッターシリーズの締めくくりということで、
濃い内容にすべく、前編と後編に分けられました。

今までの映画ハリーポッターシリーズでは、
膨大なボリュームの原作を1作品にまとめています。
そのため、大幅にストーリーがカットされたり改変されたり、
原作との相違点も多かったです。今作では2部構成の映画のため、
割と原作に忠実で中身の濃い作品となっています。

公開当時は3D映画が流行していたため、
死の秘宝も3Dで公開される予定でしたが、
Part1は作業が間に合わずに2Dのみの公開となりました。
後にPart2は3Dで公開されます。

ハリーポッターと死の秘宝Part1のストーリーのあらすじは?

ハリーポッターと死の秘宝Part1

ホグワーツ7年目となるハリー、ロン、ハーマイオニー。
ハリーはダンブルドアの遺志を継いでヴォルデモートを倒すため、
ロンとハーマイオニーと共に、ホグワーツへは戻らずに、
分霊箱を破壊する旅に出ます。

しかし、分霊箱の手がかりはほとんど残されていません。
焦りや苛立ちの中で、3人の仲間割れが起こり、
ロンが旅から離脱してしまします。

そんな中で、世界のあらゆる場所で死喰い人が現れ、
魔法省がヴォルデモートにより乗っ取られ、
ホグワーツはスネイプが校長へとなり変わっていました。

果たして、ハリー、ロン、ハーマイオニーは、
分霊箱を全て探し出し、破壊することができるのか?
魔法界の命運は3人に託されたのです。

ハリーポッターと死の秘宝Part1のストーリー結末のネタバレは?

ハリーポッターと死の秘宝Part1

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、
旅の途中で死の秘宝について知ります。
死の秘宝とは全部で3つあり、
『手に入れると死を制する者になれる』
という伝説の秘宝です。

死の秘宝を求める中で、
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は死喰人に捕まり、
マルフォイ邸へと監禁されてしまいます。
ドビーが駆けつけてハリーたちを逃がしてくれましたが、
ベラトリックスの投げたナイフがドビーへ直撃し、
ドビーは命を落としてしまいました。

ドビーを埋葬するハリーたちでしたが、
その間にヴォルデモートが、死の秘宝の1つである、
『ニワトコの杖』を手に入れてしまったのです。
死の秘宝は『ニワトコの杖』『透明マント』『蘇りの石』の3つ。

ニワトコの杖はヴォルデモートが、透明マントはハリーが持っています。
果たして蘇りの石はどこにあるのか?
残りの分霊箱を全て破壊することはできるのか?
物語は、次回Part2へと続いていきます。

スポンサーリンク


ハリーポッターと死の秘宝Part1の感想や評価まとめ!

ハリーポッターと死の秘宝Part1

とうとうハリーポッターシリーズも最終章に突入!
僕は原作を全て読んでいますが、
中でも死の秘宝は賢者の石に次いで好きな作品です。
1作目から続いてきた全ての伏線が回収され、
最後に衝撃的な結末が待っているからです。

映画化される際にも、死の秘宝は丁寧に描いてもらいたいな〜と思っていたので、
前編と後編に分かれるのはありがたかったです。
2部構成になっているだけあって、やはり内容は原作に忠実だと思います。

ところどころカットされたシーンは多いですけど、
それでも今までのシリーズに比べると、かなり丁寧に描かれていたでしょう。
4作目、5作目、6作目が、あまりにもカットされすぎでしたからね。

最終章の見所は、分霊箱がどこにあるのか?という謎解き要素なのですが、
そこへ死の秘宝という新たな要素が加わってきたのはワクワクしました!
僕はRPGゲームだったり、ファンタジー系の小説だったり、冒険ものの作品が大好きです。
まさに死の秘宝は冒険感たっぷりの作品なので、僕にとっては最高ですね。

ホグワーツにハリーが戻らない!と聞いたときは、正直めちゃくちゃショックでした。
だってホグワーツでの生活が描かれなければハリーポッターじゃない!と思ったんです。
今作ではホグワーツの外での話なんですけど、冒険感たっぷりでワクワクしましたし、
ハリーポッターの良さは何も失われてはいませんでした。

映画では秘密の部屋以来のドビーの登場でしたが、
いきなりドビーが死んでしまうのはショックでしたね。
死の秘宝では今までのどのシリーズよりも、人が命を落とします。
明るいイメージだった賢者の石とは一変した雰囲気ですね。

1作目から7作目につれて雰囲気がどんどん暗くなっていくのですが、
それがヴォルデモートの恐怖感をよく表していると思います。
死の秘宝はPart1とPart2で成り立つ作品ですので、
Part1を観た方は、Part2も観ることをお勧めします。

ハリーポッターシリーズ全作品は、
動画配信サービスの『U-NEXT』で配信中です。

▼無料登録はこちらから▼

U-NEXTはハリーポッターシリーズはもちろんのこと、
映画、ドラマ、アニメ、更には漫画や雑誌など、
120,000本以上の作品を取り扱っています。
これらが全作品がインターネット上で楽しめる!

月額1,990円ですが、
なんと今なら31日間は無料でお試し可能です!
更に600円分のポイントが無料でもらえます。

ハリーポッターシリーズは、1作品観るのに通常432円が必要です。
初回登録の600ポイントを使えば、1作品を無料視聴できます。

31日以内に退会すれば、料金は一切掛かりません。
それどころか、登録するだけで600ポイントがもらえるので、
本来は有料の作品も、登録から31日間は無料で楽しめます。

ハリーポッターの全シリーズが
インターネット上で楽しめるのはU-NEXTだけ。
31日間無料で600円分のポイントがもらえるこの期間中に、
ぜひ試してみてくださいね。

ハリーポッターと死の秘宝Part1をユタカが評価!(☆5点中)

ストーリー :☆☆☆☆
キャラクター:☆☆☆☆☆
音楽    :☆☆☆
ワクワク感 :☆☆☆☆
総合点数  :☆☆☆☆

▼無料登録はこちらから▼

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です