ハリーポッターと賢者の石の感想と評価は?あらすじとネタバレも!

ハリーポッターと賢者の石

どうも〜自称映画評論家のユタカです!

今回は映画ハリーポッターシリーズの第1作目、
ハリーポッターと賢者の石の
感想や評価について述べていきます。

ストーリーのあらすじや、結末のネタバレもまとめてみました!

スポンサーリンク


ハリーポッターと賢者の石とは?

ハリーポッターと賢者の石

J・K・ローリング原作のスーパーヒット児童文学、
ハリーポッターシリーズの第1作目です。
2001年にクリス・コロンバス監督によって公開。

ハリー役のダニエル・ラドクリフ。ロン役のルパート・グリント。
ハーマイオニー役のエマ・ワトソン。この3人はハリーポッターシリーズにして、
一躍ドル箱ハリウッドスターへと上り詰めました。
世界一稼いだ子役と言っても過言ではないのでしょうか?

ハリーポッターシリーズは、聖書、毛沢東語録に次いで、
世界3番目に多くの方に読まれた本です。その1作目が賢者の石であり、
子供から大人までその魅力に引き込まれました。

僕がはじめてハリーポッターを読んだのは、確か中学1年生でしたが、
面白すぎてたった1日で全て読み終えてしまいました。
当時ゲームと漫画しか興味がなかった僕にとって、
小説に夢中になるということは初めてで、自分でも驚いたのを覚えています。

本当にそれぐらい面白い作品で、子供から大人まで楽しめます。
むしろ、大人の方が子供の頃のワクワク感などを思い出して、楽しめるかもしれません。
映画版でもそれは同様です。子供向けの作品かと思いきや、大人が見ても面白いです。

僕が中学生の頃は父親と一緒になって観ていましたし、
大人になった今も、DVDで見返すこともあります。
やはり名作はいつまでたっても色あせないですね。

1作目と2作目はホーム・アローンで有名なクリス・コロンバスの作品なので、
音楽・映像共にまさにファンタジーの雰囲気を醸し出しています。
ハリーポッターシリーズを観るのであれば、1作目は絶対に外せません!

ハリーポッターと賢者の石のストーリーのあらすじは?

ハリーポッターと賢者の石

幼い頃に両親を自動車事故で失い、おじとおばの元で育てられたハリー。
いとこのダドリーには常にいじめられ、家では肩身の狭い思いをしていました。
そんなハリーにある日、ホグワーツ魔法魔術学校から手紙が届きます。
それは、10歳になったハリーを、ホグワーツへ入学させるという許可証でした。

ハリーの両親は魔法使いと魔女であり、その血を引いたハリーもまた、
魔法使いだったのです。そしてハリーの両親は自動車事故ではなく、
闇の魔法使いヴォルデモート卿によって、命を奪われたことを知ります。

ホグワーツへ入学し、ロンとハーマイオニーという二人組と親友になったハリー。
魔法の授業を受けたり、クィディッチという魔法界のスポーツをしたり、
ホグワーツで平和な日常を過ごしていました。

そんな中で、ヴォルデモート卿が賢者の石という
不老不死の秘宝を狙っていることに、ハリーは気付きます。
ハリー、ロン、ハーマイオニーは、ヴォルデモート卿の企みを阻止するべく、
3人で賢者の石について調べ始めるのでした。

ハリーポッターと賢者の石のストーリー結末のネタバレ!

ハリーポッターと賢者の石

ロンとハーマイオニーの協力を得て、
ハリーはとうとうヴォルデモート卿の待つ部屋へとたどり着きます。
しかし、そこで待っていたのは、生物学教師のクィレル先生でした。

クィレルはヴォルデモート卿に体を乗っ取られており、
ヴォルデモートを復活させるために賢者の石を手に入れようとしていたのです。

ハリーはクィレルより先に賢者の石を手にし、逃げ出そうとしました。
クィレルはハリーに掴みかかった瞬間、皮膚が焼け焦げ砂となったのです。
謎の現象に戸惑うハリーでしたが、クィレルの顔面に両手を押しつけ、
クィレルの身体は砂となって焼け落ちていきました。

スポンサーリンク


ハリーを守ってくれたのは、母の愛情による魔法だったのです。
ハリー、ロン、ハーマイオニーの大活躍により、
賢者の石は守られ、ホグワーツにも平和が戻りました。

ダンブルドアは3人の勇気を讃え、
学年末パーティにてグリフィンドール寮に得点を追加。
3人の活躍により、グリフィンドールは寮杯を獲得したのでした。

ハリーポッターと賢者の石の感想や評価まとめ!

ハリーポッターと賢者の石

映画ハリーポッターシリーズは全8作品ありますが、
やはり第1作と第2作が飛び抜けて面白いですね。
3以降は監督がちょくちょく変わり、それぞれの作品に良さがあるのですが、
魔法ファンタジー作品という意味では、1と2が一番ワクワクします。

原作もそうなのですが、ハリーポッターシリーズは後半になるほど物語がシリアスになり、
暗くて重たいストーリーになってきます。この1作目では、魔法界の面白さ、
魔法が使えるワクワク感など、夢のような世界が広がっている作品です。

もしも自分が魔法使いだったら!もしも自分に魔法が使えたら!
誰しもそんな夢のような思いを子供の頃に持つと思います。
そんな幼い頃の夢を、映画ハリーポッターでは見事に表現しました。

個人的に一番の見所は、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンの可愛さですね 笑
当時中学生だった僕は、こんなに可愛くて美しい女優が世の中に存在するのか!
と思い、エマ・ワトソンに夢中になりました。最近はイケメン化してきましたが、
1作目と2作目の可愛らしさは世界一なんじゃないかと思っています。

映画としてクィディッチのシーンが明確に描かれるのが1作目と2作目なのですが、
映像としてのクオリティがめちゃくちゃ高いです。
よくもあの複雑なシーンを、ここまで面白く映像化できたなぁと思います。
2001年の作品なので、CGに若干の違和感のあるシーンもあります。
(ネビルが箒で暴走するシーンとか、トロールにハリーが襲われているシーンとか。)

これ思いっきりCGだな!とわかります。2001年の作品ですから仕方ないですが、
2作目以降からCG技術が格段に進化しています。
僕は2作目を見た後に1作目を見たので、CGがクオリティがちょっと気になりました。

原作ファンの僕からすると、ドラゴンのくだりが大幅にはしょられていたり、
ちょいちょいガッカリする部分は多かったです。しかし、それでもあの膨大な原作を、
よくここまで綺麗に映画としてまとめられたなぁと思います。

1作目は原作にかなり忠実な作品なので、多くの原作ファンも高評価の映画ではないでしょうか?
原作を読んでいても読んでいなくても、十分に楽しめる作品なので、
ぜひ映画で、ハリーのいる魔法界の雰囲気を存分に味わってください!

ハリーポッターシリーズ全作品は、
動画配信サービスの『U-NEXT』で配信中です。

▼無料登録はこちらから▼

U-NEXTはハリーポッターシリーズはもちろんのこと、
映画、ドラマ、アニメ、更には漫画や雑誌など、
120,000本以上の作品を取り扱っています。
これらが全作品がインターネット上で楽しめる!

月額1,990円ですが、
なんと今なら31日間は無料でお試し可能です!
更に600円分のポイントが無料でもらえます。

ハリーポッターシリーズは、1作品観るのに通常432円が必要です。
初回登録の600ポイントを使えば、1作品を無料視聴できます。

31日以内に退会すれば、料金は一切掛かりません。
それどころか、登録するだけで600ポイントがもらえるので、
本来は有料の作品も、登録から31日間は無料で楽しめます。

ハリーポッターの全シリーズが
インターネット上で楽しめるのはU-NEXTだけ。
31日間無料で600円分のポイントがもらえるこの期間中に、
ぜひ試してみてくださいね。

ハリーポッターと賢者の石をユタカが評価!(☆5点中)

ストーリー :☆☆☆☆☆
キャラクター:☆☆☆☆☆
音楽    :☆☆☆☆☆
ワクワク感 :☆☆☆☆☆
総合点数  :☆☆☆☆☆

▼無料登録はこちらから▼

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です