14番目の標的(ターゲット)の犯人は誰?感想や動機のネタバレも!

14番目の標的(ターゲット)

言わずと知れた国民的アニメ『名探偵コナン』の劇場版アニメ、
『名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)』の紹介です。
本作は1998年4月18日に公開された劇場版
『名探偵コナン』シリーズの第2作目にあたります。

毛利小五郎の周囲の人々が次々に襲われる衝撃的な展開と、
普段は昼行灯な三枚目の毛利探偵が、
意外な活躍を見せるのが本作の魅力!

犯人は誰なのか?衝撃的な動機とは?
感想や評価、結末もネタバレ込みでご紹介します!

スポンサーリンク


『名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)』とは?

14番目の標的(ターゲット)

前作『時計じかけの摩天楼』から
2017年公開の最新作『から紅の恋歌』まで続き、
来年『ゼロの執行人』の公開も
決まっているコナンの劇場版シリーズは、
各作品に主人公の新一/コナン以外の
キャラクターに強くスポットライトが当たったり、
派手なアクションや、本格的な推理要素、
ビルが倒壊したり飛行機が墜落の危機に陥るなどの
事件の派手さといった複数の魅力がそれぞれに用意されてます。

作品毎に違った魅力を描くことが、
20年以上毎年のように大ヒットを飛ばす要因になっています。
本作の魅力は、コナンの推理力で
一躍名探偵となった毛利小五郎の過去や、
普段はコナンの推理力の前に『へぼ探偵』ぶりを見せつけている
小五郎の意外な特技や活躍、そして別居中の妻、妃英理とのエピソード。

そして、小五郎の知人達、
それも名前に数字が入っている身近な人達が
次々に襲われる緊迫感あるストーリーにあります。

画面の派手さは近年の作品の方にどうしても軍配が上がりますが、
キャラクターの魅力や、細かい伏線が張り巡らされたストーリー、
前作に登場した白鳥の再出演など、本作ならではの魅力は遅れを取りません。
そんな本作のあらすじを結末までしっかり見ていきましょう。

『名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)』のあらすじは?

14番目の標的(ターゲット)

毛利蘭は、美しい湖のほとりに
母親の妃英理を見つけて駆け寄ろうとします。
しかし、娘の蘭に気が付いた英理はこちらに来てはいけないと、
大声で蘭を制止します。次の瞬間、銃声が響き渡り、
英理は苦悶の表情を浮かべ、地面に倒れてしまいました。

そんな恐ろしい夢を見た蘭は、不安にかられ母親に電話をかけます。
父の毛利小五郎は探偵、母の妃英理は弁護士と、
人に恨まれることもある職業。
母親の無事に安心した蘭に、心配性だと英理は笑います。

しかし、蘭から夢に出てきた英理が若く見えたと言われると、
その表情を曇らせました。
蘭は英理と皆で食事をする約束を確認すると、安心して電話を切ります。
電話を切った英理の脚には一筋の古傷がありました。
彼女は蘭が何かを覚えているのか、と想いにふけります。

その日、米花刑務所から、
元ディーラーの村上丈という男が仮出所しました。
彼は毛利小五郎と因縁があるようで、
メモ帳に記した毛利探偵の住所を確認すると不気味に笑います。

一方、江戸川コナンとして小学生生活を送る工藤新一は、
少年探偵団と航空博物館へ遊びに行くために阿笠博士を待っていました。
待ち時間の間に、歩美はゲーム機でコナンの恋愛を占います。

表示された結果は「Aの予感」
幼い少年探偵団にはこの結果の意味が解らず、
好き勝手な解釈を並べますが、本来高校生のコナンには、
それが古い言い方でキスを意味するのだと解ります。

寝坊した博士と合流した少年探偵団は
航空博物館へとやって来ました。
ヘリコプターの模擬操縦をしたがる探偵団ですが、
模擬操縦には年齢制限があり、
彼らは体験することができません。

コナンは新一として小学5年生だった頃に散々楽しんでいたので、
特に興味はない様子。探偵団は、残念がりつつも、
有名人のカメラマン、宍戸永明を偶然見かけることもでき、
博物館を満喫しました。

一方、毛利探偵事務所を訪れた村上は、
事務所に誰も居らず、誰とも会うことはありませんでした。

蘭は親友の鈴木園子と、仁科稔のサイン会に出かけていました。
彼はワインや料理を紹介するエッセイを書く、
女性に人気のエッセイストです。サイン会の帰り、
乱暴な運転をするモデルの小山内奈々を見かける二人ですが、
良い男にしか興味のない園子は意に介しません。

お茶をする二人は、今夜の食事会について話します。
十年前、蘭が七歳の時に大喧嘩した両親の小五郎と英理は、
性格の不一致で別居をしてしまったのです。両親を心配する蘭は、
しばしば二人のために食事会などのセッティングをしているそう。

別居後、英理が弁護士として華々しく活躍するようになったのと対照的に、
刑事を辞め、探偵を始めた小五郎は今でこそ名探偵ですが、
当初は売れないへぼ探偵になってしまいました。

コナンの活躍を知らない園子は、
小五郎が名探偵となったのは蘭が支えたからだろうと
知ったような事を言います。
それぞれ休日を楽しんで帰ってきた三人は蘭にせっつかれながら、
英理との食事会の準備をします。

昔から懇意にしている
仏料理店『ラ・フルール』に集合した毛利一家とコナン。
そこで、小五郎と親交があるプロゴルファーの辻弘樹と偶然会います。
辻は再来週の木曜に上位入賞を目指す全米オープンがあり、
練習の成果を出してみせると熱意を語ります。

しかし、息抜きも必要、
と趣味であるヘリコプターのフライトに毛利一家を誘ってくれました。
小五郎以外は大喜びですが、
空を飛ぶ物が苦手な小五郎が断ってしまいました。

席に案内され、食事会が始まります。
ソムリエの沢木と両親は昔からの付き合いがあるのだと、
コナンに教える蘭は、ワインを専門に扱うソムリエのことや、
彼が使う道具などを解説してくれます。

仁科の本で読んだという蘭の知識に、
専門家の沢木がさり気なく助言を与え、
知識欲が旺盛なコナンは興味深そうです。
小五郎と英理は蘭の年頃な興味に微笑ましそうに笑い、
どこか和んだ空気に。良い雰囲気だ、と蘭とコナンは喜びます。

昔から変わらない料理の味に、様々な思い出がよぎる二人は、
小五郎がかつてジゴバのチョコレートを
英理に贈った思い出話に花を咲かせます。

しかし、せっかくの良い雰囲気は、
小五郎が窓の外に銀座のクラブのママ、十和子と、
ニュースキャスターのピーター・フォードが
親しげに話しているのを見かけ、
窓に張り付いてしまったことで終わりを告げます。

英理は引き留める蘭に仕事が残っている、と告げ、
先に帰ってしまいます。英理が帰ってしまったことより、
十和子を見失った事に騒ぐ小五郎に、蘭とコナンは呆れ返るのでした。

その一週間後、目暮十三警部が公園をジョギング中に
ボウガンで撃たれる事件が起こってしまいます。
幸い急所は外れていましたが、数日の入院が必要で、
犯人の目処は立っていません。

事件の概要を話す中で、小五郎の射撃の腕が警視庁内でも、
一、二を争うほどの腕前であったことが語られました。
意外な特技に皆が驚きます。
現場には短剣を模したモチーフが残されていました。

一方、英理の元には紙製の花が付いた
ジゴバのチョコレートが届けられていました。
差出人の名前はありませんが、
食事会のことを謝罪する小五郎からの贈り物だと勘違いした英理は、
疑うこと無くチョコレートを口にしてしまいます。

しかし、そのチョコレートには毒物が混入されており、
英理は倒れてしまいます。
対処が早かったため大事には至りませんでしたが、
目暮警部に続き、身近な人が狙われた事実に緊張感が高まります。

そして、続いて阿笠博士までボウガンで狙撃されてしまいます。
バイクで逃げる犯人をスケボーで追跡するコナンは、
探偵バッチを使って少年探偵団に犯人の目撃情報を聞きます。
探偵団からの情報を元に犯人を追いかけるコナンですが、
無茶な逃亡をする犯人のせいで歩道橋の階段から
落ちそうになった老婦人を助けたため、犯人を見失ってしまいました。

現場にはやはり紙製のモチーフが残されていました。
コナンはこれらのモチーフがトランプの柄に
描かれているモチーフに共通しているものだと気が付きます。
そして、目暮十三警部は名前の十三、
そして現場に残された剣のモチーフからスペードの13、キングに。
蘭の母、英理の旧姓妃は英語でクィーン。
花のモチーフが残されたことからスペード12のクィーンに。

そして、阿笠博士の下の名前はひろし、で漢字で博士と書き、
士の文字は十と一の組み合わせでできています。
11のジャックは元々兵士の意味があり、
スペードのジャックが持っている剣のようなモチーフは
現場に残されていたモチーフと同じものでした。

トランプの柄にはそれぞれ意味があり、
スペードはその中でも死の意味があります。
このことから、犯人は死を意味するスペードのトランプになぞらえ、
名前に数字のある人物、それも小五郎に関係がある人物を
狙っている事が推理されました。

そして、過去に殺人事件を犯し、
小五郎に逮捕されたトランプ賭博の元ディーラー、
村上丈が仮出所していたことから、彼が第一容疑者と目されます。
蘭は白鳥警部から十年前、小五郎が逮捕した村上丈の事件を聞きます。

小五郎と目暮警部が十年前逮捕した村上は、
取り調べの最中に逃亡を企て、居合わせた英理を人質にとりました。
射撃の腕に自信があった小五郎は、
妻の英理が人質に取られたのにも構わず犯人に発砲。
第一撃は英理の脚をかすめ、第二撃は犯人の肩に命中しました。

英理と共に小五郎を訪ねて来ていた蘭は、
一連の事件を目の当たりにしてしまっていたのです。
しかし、強い衝撃を受けた蘭はその辛い記憶を忘れていたのでした。
小五郎のこの行動は警察でも問題になり、事件の直後、
小五郎は辞職し、英理とも別居するようになったのです。

蘭はこの事実に大きなショックを受けてしまいます。
コナンは蘭に電話をかけ、変声機で新一の声を使い、
事実の他に真実があるのでは無いか、と励まします。

次に狙われるのは名前に十が含まれる人物。
小五郎は懇意にしているスナックのママ、
十和子が狙われるのではないかと予想し、
警部達と共に一晩中張り込みをして彼女の周囲を監視します。

コナンは犯人がわざと自分を示すヒントを残したことに疑問を持ちます。
小五郎の周囲の人物に詳しすぎる事から、
仮出所したばかりの村上がそこまで詳細な情報を
得ている事にも不信感を覚えていました。

事件のことを考えていたコナンは、
辻弘樹の名前にも十が含まれる事に気が付きます。
コナンは警部達と一緒にヘリコプターの飛行場へと、
辻に事情を説明しに向かいます。

フライトを中止するよう薦められた辻ですが、
事態を楽観資する辻はフライトを決行。仕方なく、
目暮警部と小五郎、そして紛れ込んだコナンがへりに同乗することに。
機体に問題も無く、フライトは順調かに思えましたが、
突如辻がまぶしがり、目を開けていられなくなってしまいます。

米花町上空で墜落の危機に見舞われてしまいます。
コナンはとっさの判断で、模擬操縦の経験を元に、
辻と協力してヘリを操縦し、不時着させます。
ヘリは爆発炎上してしまいますが、
なんとか全員無事に地上に降りる事が出来ました。

辻は車やヘリの運転をする際に目薬を刺す習慣があり、
それを利用した犯人に目薬をすり替えられていたのです。
すり替えられた目薬は治療用のもので、10日から2週間程、
瞳孔が開いたままになってしまうもの。

そのせいで光を眩しく感じ、操縦不能に陥ってしまったのでした。
そして、薬効が消える前に全米オープンが始まってしまうため、
辻は無事だったものの欠場を余儀なくされてしまいました。

これで次に狙われるのは名前に九が含まれる人物です。
しかし小五郎には心当たりがありません。
一つ飛ばした八であれば、旧知のソムリエ、
沢木公平の名前に八が含まれている、という事で、
一先ず沢木に事情を説明する事に。

沢木の自宅には職業がら高級なワインが多く保存されていました。
飲み頃になるまで取っておくはずだった高級ワインを、我慢しきれずに
飲んでしまったと和やかに談笑する沢木と小五郎ですが、事態は深刻です。

今日の予定を尋ねられた沢木は、
実業家の旭勝義が東京湾にオープンさせる海洋娯楽施設
『アクアクリスタル』内のレストランを一軒任せられ、
打ち合わせの予定があると言います。
小五郎は過去に旭のペットを捜索する依頼を受けたことがありました。

特別親交が深いわけではありませんが、
犯人にとっては関係ないかもしれません。沢木の警護をかね、
旭に会うため『アクアクリスタル』へ向かうことにします。

蘭達を心配する小五郎と目暮警部は、
蘭とコナンを置いていこうとしますが、
十年前母親を撃った小五郎に不信感を抱き、
真実を知りたがっている蘭は頑なに小五郎に着いていくと主張します。
事情を知る目暮警部も強く出られず、
結局蘭とコナンも一緒にアクアクリスタルへと向かいます。

そこには沢木と同じく旭に呼び出されたという、
小山内奈々、宍戸永明、ピーター・フォード、仁科稔、が現れます。
無人運転のモノレールに乗り込み、
待ち合わせ場所のレストランへと向かいます。

宙に浮く乗り物が苦手な小五郎と、
カナヅチの仁科は顔色を悪くしていますが、
快適な乗り心地と風景を楽しみ、
一行はオープン前のアクアクリスタルへ入りました。

海中に作られたレストランには
高級車が飾られる非日常的な豪華さですが、肝心の旭がどこにもいません。
白鳥と小五郎、そしてコナンが安全を確認しますが、特に異常はありません。
三人が周囲を確認している間に、目暮警部が事情を説明します。
そして、白鳥の名前が任三郎であることが明かされ、
1以外の数字が全て揃っていることが解ります。

ブランクの1はコナンの正体、新一では無いかと蘭は直感します。
小さくなってしまっていなければ、
事件に興味を持った自分がこの場に来ないわけがない。
1がコナンとなった新一を示している可能性は高そうです。

集まったメンバーの中で村上丈と過去に関係があったのは、
グルメエッセイストになる前、犯罪ルポライターをしていた仁科と、
村上の写真を撮った事がある宍戸だけ。
その二人も特に村上とトラブルになった事は無いと言います。

小山内が何か気に掛かるそぶりをしますが、
村上が八日前に出所した事を確認すると、何でも無いとはぐらかします。
注目が自分に集まった小山内は、
仁科の著書に書かれている情報がいい加減なのではないかと突っかかります。

スポンサーリンク


グルメエッセイストとしての見識を疑われた仁科は、
小山内がお土産用に持ち込んだワインのブラインドテイスティングをする事に。
仁科は自信を持って高級ワインの銘柄を答えますが、
小山内は大笑いして外れだと言います。

ソムリエの沢木に、
同じくブラインドテイスティングをするように言われた沢木は、
このワインが比較的安価な銘柄のワインであることを言い当てます。
小山内は仁科の見識不足を詰り、仁科は恥をかいてしまいます。
皆で小山内が空けたワインや飲み物を飲みながら、
旭に呼び出された理由を話し合うと、皆秘書から呼び出された事が解ります。

小山内にはフランス製のマニキュアを
プレゼントまでしていたことが解ります。
そして、旭から沢木へのメモが見つかりました。
フォードが床に落ちていたと言うメモには旭が遅れるかもしれないから、
ワインセラーを開けて皆に振る舞うようにと指示が書かれていました。

ワインセラーを皆で見に行くと、
そこにはブービートラップが仕掛けられており、
沢木がボウガンで撃たれます。
コナンがブービートラップに気が付き、
危ないところで命中を避けますが、
そこには8のトランプが残されていました。

レストランに戻ると、
ガラス張りの向こうの人影に気が付いた小山内が悲鳴を上げます。
胸ポケットに9のトランプを刺した旭が
無残な姿となって海中に漂っていたのです。

犠牲者が出た事で一気に緊張が高まります。
入り口のドアはいつの間にか電子ロックされていて開かず、
携帯電話は圏外、固定電話も切られていて外に連絡がつきません。
非常口はセメントで固められてしまっていました。

次に狙われるのは小山内。
小山内は村上の名前すら知らないのに、狙われる理由が無いと言います。
しかし、三ヶ月前、小山内は自身の危険運転で、
バイクの運転手を転倒させてしまった事があったのです。

接触はなかったのですが、
恐怖に駆られた小山内は相手の状態を確認すること無く
その場から逃げ出してしまったと言います。

バイクは犯人が使っていたオフロードとは別のタイプで、
村上の仮出所の時期とも大きくずれるため、
今回の事件とは関係なさそうですが、小山内は不安を隠せません。
ここに村上が居ない以上、真相はわかりません。

とにかく『アクアクリスタル』から脱出する方が重要だと、
次のターゲットである小山内と蘭、コナンをレストラン内に残し、
他のメンバーが出口を探しに建物内を調べに出かけます。

皆がレストランに戻るのを待っていると、
停電が起き辺りが闇に包まれます。
襲われる不安にパニックになった小山内は逃げ場所を
探し走り出してしまいました。
蘭達の制止も間に合わず、小山内の悲鳴が響き渡ります。

灯りが付き、出口を探していた皆がレストランに戻ってくると、
そこには背後から刺し殺されていました。
小山内に贈られていたマニュキアには夜光塗料が仕込まれていたために、
犯人は正確に小山内を狙うことが出来たのです。

マニュキアを塗った小山内の爪はつけ爪だったため、
犯人に襲われた際、一部が剥がれて床に落ちてしまっていました。
そして、コナンは小山内の肩に残る手形が左手であることに気が付きます。
写真に写る村上は左手でトランプを扱っていました。村上は左利きです。
阿笠博士をボウガンで撃った犯人は右利きでした。
犯人は村上ではなかったのです。

『名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)』のストーリー結末や犯人のネタバレ!

14番目の標的(ターゲット)

コナンはある人物に疑いを持ち、皆にミネラルウォーターを配ります。
皆が水を飲み干す様子を観察したコナンは犯人に確信を持ちますが、
証拠がありません。床を探し回るコナンはある証拠を見つけます。

突然再び灯りが消え、仕掛けられてい爆弾が炸裂します。
海に面したガラス窓が割れ、海水が押し寄せてきました。
空気が溜まった天井付近に泳いで皆が避難しますが、
蘭の姿が見当たりません。気が付いたコナンが海中に戻ると、
そこには飾られていた高級車に脚を捕まれ、脱出出来なくなっている蘭が。

伸縮サスペンダーで車を持ち上げようとするコナンですが、
自身も車に脚を取られ息が続かなくなってしまいます。
溺れかけたコナンに、蘭は人工呼吸で自分に残されていた
酸素をコナンに与え意識を失います。

蘭から与えられた酸素で再び泳げるようになったコナンは、
伸縮サスペンダーを使い溺れた蘭を救助しようとします。
そこに異常に気が付いた小五郎も救助に駆けつけ、二人で蘭を助け出します。
水面にはターゲット全員を示すトランプが漂っていました。

一先ず危機を脱した一行ですが、このままでは全員溺れてしまいます。
助け合いながら、爆発で大穴が開いた窓ガラスから
海面を目指して泳ぎ脱出を図ります。

なんとか無事に海中レストランから脱出しますが、
泳げない仁科の意識がありません。
ライフセーバーの資格を持つ沢木が人工呼吸をしようとしますが、
コナンは変声機を使って白鳥に仁科への人工呼吸をするように指示をします。
いつものように時計型麻酔銃で小五郎を眠らせたコナンは、
自分の推理を披露します。

一連の事件で真の犯人が殺したかったのは、
殺害された旭と小山内、そして事故死の可能性が高かった辻、
海中レストランの爆破で溺れ死ぬ確率が高かった仁科の4人。
他の人物達は、小五郎を恨む村上丈の犯行だと思わせるための
カモフラージュに利用されたに過ぎなかったのです。

脱出の際、溺れた仁科の人工呼吸を買って出た沢木が、
気道を確保せず、人工呼吸のふりをして鼻と口を塞げば、
仁科はそのまま死んでしまっていたでしょう。
真犯人は沢木だったのです。

動機は人生の全てをかけたソムリエとしての人生が
味覚障害によって閉ざされたこと。
コナンが皆に配ったミネラルウォーターには、
沢木に渡したものにだけ塩が入っていたのです。
沢木は、塩の味に気が付かず、
コナンは彼が味覚障害に掛かっていることを確認していたのです。

沢木のポケットからは小山内が殺される直前まで
手にしていたワインのコルクと、新一のために用意していた、
使いそびれたスペードのエースが出てきました。
小山内のつけ爪は、抵抗し手にしていたコルクが
ポケットに滑り込んだ際に外れたものだったのです。

味覚障害を患った沢木は、
ワインの香りや色だけでソムリエとして働いていましたが、
完璧なソムリエでありたいという自身の美学に反していました。

沢木はソムリエの職を辞し、田舎に帰る前に、
味覚障害の原因となり得る精神的ストレスや頭部外傷を
己に与えた人物への復讐を決意したのです。
味覚障害の原因となり得るのは、頭部への外傷やストレス。

外傷は、危険運転に巻き込まれた事故で
頭部を強打した原因となった小山内。
ストレスの元は、希少ワインを買い漁りながら録な管理をしない旭、
いい加減なワイン知識を読者に植え付ける仁科、
パーティーの場でソムリエという職を侮辱し屈辱を与えた辻。

彼らを殺すことが出来れば、
他の人間の生死はどうでも良かったとせせら笑う
沢木にかつての面影はありません。
親交があった小五郎達を利用することをも
なんとも思わない復讐者の笑みを浮かべる沢木は、
己の罪を悔い、自身を逮捕した小五郎に詫びたいと
毛利探偵事務所を訪ねた村上丈すら手にかけていたのです。

沢木は海中レストランだけではなく
『アクアクリスタル』全体を爆破崩壊させ、
既に殺害されている村上が行方不明扱いとなることで、
事件を迷宮入りさせるつもりでした。

沢木の狙いに気が付いたコナンですが、
一歩遅く沢木は爆破スイッチを押し、
溺れて体力の無い蘭を人質に屋上のヘリポートへと逃走を試みます。
爆破の影響で麻酔から目を覚ました小五郎は、
知人の沢木が真犯人として蘭を人質に取っている急展開に混乱しますが、
コナン達と共に沢木を追いかけ屋上に向かいます。

上空には事前に手配していたヘリが待機していますが、
爆破し崩れ落ちていく『アクアクリスタル』と
ナイフを持ち蘭を人質としている様子に応援を要請し降りてはきません。

追いついてきたコナン達がナイフを捨て投降するように説得しますが、
辻を殺害することを諦めていない沢木は説得に応じません。
辻への殺意と共に、蘭を巻き込み殺害するとまで言う沢木の豹変に、
小五郎は大きく動揺します。

白鳥が銃を向けますが、銃の腕前は目暮警部と同じくからっきしであり、
狙いを定める手は震えていました。
銃の腕に自信がある小五郎は白鳥に銃を渡すように言いますが、
小五郎はすでに刑事では無く、また過去の事件を知っている白鳥はこれを拒否。
沢木は拳銃をコナンに持ってくるように命令します。

拳銃を手にし、
沢木に近づくコナンは小五郎の真実にたどり着きました。
小五郎がかつて妻の英理が人質に取られたにも関わらず発砲したのは、
犯人を逮捕するためではなく、人質を助けるために撃ったのです。

コナンは気が付いた真実をなぞるように蘭の脚へと発砲します。
脚を撃たれた人質は犯人にとってはただの足手まとい。
体力も限界だった蘭は立ち上がることすらできず、
沢木は蘭を見捨て逃走しようとします。
その一瞬の隙に小五郎が得意の柔道で沢木を倒し、
現行犯逮捕にこぎ着けます。

倒壊する『アクアクリスタル』からも
なんとか無事に脱出することができました。
コナンの射撃は偶然という事で不問に。

コナンの発砲で助けられた蘭は、
小五郎がかつて母を撃った真実に気が付き、
父親に感じていた不信感を払拭することができました。

救護される蘭は、
沢木が新一のカードとして用意していたエースのカードを
お守りのように持っていた事に気が付きます。

新一が助けてくれたのかも、と呟く蘭に、
コナンは新一として「エースに助けられたのは俺の方だ」と、
歩美のトランプ占いで示された占いを思い出すのでした。
Aの予感、と示されていたのはトランプのエースのカードだったのです。

事件後、小五郎が英理を撃った真実を知らせようとした蘭に、
英理は真実を知っていたのだと言います。
小五郎が自分を守るために撃った真実を知っていたとすれば、
別居の理由は何なのか?

実は、事件後、痛む脚を堪えながら、
感謝の気持ちを込めて作った料理をマズイと罵られたことが原因。
痴話喧嘩としか言い様のない事情ですが、
だからこそ二人の仲直りへの道のりはまだまだ遠そうです……。

『名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)』の感想や評価まとめ!

14番目の標的(ターゲット)

劇場版コナンの初期作品である本作は、
シリーズに共通するお約束が随所にあります。

原作も長く続いているコナンなので、
最新の登場人物や人間関係に詳しくなくても、
初期の重要メンバーのみで話が進むため、
新しくコナンに触れる人でも、
途中でコナンから距離が出来てしまった人でも、
現役のコアファンでも楽しめる作品です。

長期連載作品、多数の登場人物となると、
どうしても贔屓や好みが出てきて、
ストーリーやキャラクターの把握が大変になりますが、
劇場版シリーズでは、
スポットが当たる主要メンバーがはっきりしているために、
この点が非常にとっつきやすいです。

名前に数字が入っている人が狙われる、
という緊張感のあるストーリーや、
第一容疑者と目されている村上に犯行が可能か、
コナンが考え込むシーンなど、
ミステリとしても楽しめる脚本は非常に魅力的です。

特に、コナン作品に触れていると忘れがちですが、
小五郎が時計型麻酔銃で撃たれ、
意識を失っている間に推理ショーが展開され、
気が付くと名探偵として持て囃され事件が解決している……という、
おなじみの設定が結構恐ろしい物だよな、
と確認させてくれる終盤の名シーンは必見です。

コナンにとっては一度蘭達と食事にでかけたレストランのソムリエで、
犯人のターゲットかつ容疑者でしかない沢木は、
小五郎にとっては昔から家族ぐるみで世話になっていた
レストランで美味しいワインを出してくれる身近な人間。

一緒に困難を乗り越えようとしていた相手が、
気が付けば一人娘を盾にして歪んだ笑みを浮かべて
凶行に走っていれば混乱も動揺もしますよね。

しかもそれが全く身に覚えの無い己の推理の結果だというのですから、
彼の動揺は押して識るべし。そんな状況の中でも、
コナン達と共に蘭を救おうとすぐさま走り出せる点に、
普段は隠れがちな彼の有能さが垣間見えます。

基本的にダメ親父を地で行く小五郎の活躍は、
普段とのギャップが強烈でおっちゃんがやたらかっこよく見えます。
本作で柔道に続き、警視庁トップクラスの
射撃技術という強みを証明した小五郎は、本作以降、
これらの特技を使った活躍の場を増やしていきます。

前作で初登場した白鳥警部も、
本作だけではなく他の劇場版や原作、
アニメにもレギュラー出演するなど、
活躍の場を広げています。

劇場版、原作、アニメ、
と設定に矛盾が生じないよう配慮されているコナンシリーズでは、
キャラクターや設定が劇場版から派生して定着することも多く、
本作のキーである「小五郎に関係のある名前に数字が入った人物」
という設定のために、白鳥や目暮警部、
阿笠博士の下の名前が判明しているのもその一例です。

原作やテレビシリーズを全ておさらいするのは
ちょっとしんどい……という忙しい方は劇場版シリーズで、
コナン作品のおさらいをしてみるのも良いかもしれません。
シリーズを重ねるにつれ、どんどん人間の限界を超えていく
コナン達の成長?にも注目です。

『名探偵コナン から紅のラブレター(恋歌)』をユタカが評価!

ストーリー :☆☆☆☆☆
キャラクター:☆☆☆☆☆
音楽    :☆☆☆☆☆
犯人の意外性:☆☆☆
総合点数  :☆☆☆☆☆

アニメ『名探偵コナン』を全話視聴する方法!

アニメ名探偵コナンは、
ネット動画視聴サービスのU-NEXTで、
なんと全話配信されています。

月額1,990円で、
コナンのアニメ作品が全話見放題です!
登録から31日間は無料で利用できます。

31日以内に退会すれば料金は掛かりません。

もちろん、無料期間中も、
名探偵コナンのアニメは全話視聴できます!

とりあえず無料お試しで、コナンを観てみたい!
という場合は、U-NEXTに登録してみてくださいね。
昔のコナン、めちゃくちゃ懐かしいです 笑

▼登録はこちらから▼

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です