パイレーツオブカリビアン3の感想&評価は?あらすじや結末ネタバレも!

パイレーツオブカリビアン3

どうも〜自称映画評論家のユタカです!

パイレーツオブカリビアンの第3作目である、
パイレーツオブカリビアン/ワールドエンドの、
感想や評価について述べていきます。

ストーリーのあらすじや、結末のネタバレもまとめてみました!

スポンサーリンク


パイレーツオブカリビアン3/ワールドエンドとは?

パイレーツオブカリビアン3

パイレーツオブカリビアン2の続編として、
2007年にアメリカで公開された映画です。

2作目と3作目は前編と後編に分かれているので、
同時に撮影が行われました。DVDのメイキングシーンで言っていましたが、
別々で撮影してしまうとキャストの出演料が膨大になってしまうんですって。

ストーリーが広大になりすぎてしまい、
大幅な予算オーバーで製作中止危機に追い込まれる中で、
無事に公開されました。本当に良かった良かった^^;
こんだけ金かけて製作中止とかシャレにならないですからね。

ラスト30〜40分間で、かなり長いアクションシーンが描かれるのですが、
これは映画史上に残る戦闘シーンなんじゃないかと個人的には思っています。
嵐の中、船上で大勢のキャラクターが戦い合うのですが、
このシーンだけで3ヶ月の月日を費やしたとか。

それぐらいクオリティの高いシーンになっているので、
ぜひそういった背景を理解した上で観ていただきたい!

ちなみに、ラストの戦闘シーン直前に、
パイレーツオブカリビアンらしからぬ、ロック調の音楽が流れるのですが、
あれは、製作のジェリー・ブラッカイマーが趣味のギターで演奏しました。

このシーンでいきなりロック!?と思ったのですが、
そういう背景があったんですね。ジャック・スパロウのモデルとなった、
ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが、
ジャックの父親として出演するなど、ファン要素もたっぷり詰め込まれています。

パイレーツオブカリビアンの3部作の締めくくりにふさわしい、
集大成的な作品ですね。

パイレーツオブカリビアン3/ワールドエンドのストーリーのあらすじは?

パイレーツオブカリビアン3

デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れた、東インド貿易会社のベケットは、
フライング・ダッチマン号を操り、海賊達を次々に取り締まっていきました。

一人の若者が縛り首になりそうになった時、とある歌を唄い始めます。
それに続き、周りの海賊達も合唱を始めました。その歌とは、
伝説の9人の海賊達を招集し、一致団結して海軍に立ち向かうことを意味しています。

歌が唄われたことにより、世界各国で活躍する9人の海賊達が集まろうとしていました。
しかし、9人のうちの一人は、クラーケンの襲撃により命を落としたジャックだったのです。
ウィル、エリザベス、バルボッサ、そして船員達は、ジャックを復活させるべく、
ワールドエンド(世界の果て)へと船を進めるのでした・・・。

パイレーツオブカリビアン3/ワールドエンドのストーリー結末のネタバレ!

パイレーツオブカリビアン3

9人の海賊達が集結し、ついに英国海軍(フライングダッチマン号)との
戦いが始まりました。ジャックはジョーンズと剣を交え、
ウィル、エリザベス、バルボッサたちも、協力し戦いに挑みます。

まだ結婚式を行っていないウィルとエリザベスは、
船長であるバルボッサの権限で、戦場の最中結婚式を行います。
しかし、ウィルはジョーンズの剣により、心臓を貫かれました。
駆け寄るエリザベスですが、ウィルは命を落とす寸前です。

その時、ウィルの父親ビル・ターナーがジョーンズに襲いかかります。
ビルとジョーンズが戦っている中で、ジャックがウィルの手に剣を握らせ、
ジョーンズの心臓を貫かせました。ジョーンズは海の中へ落ちていき、
船長を失ったフライングダッチマン号も、ウィルと共に海へ潜って行きました。

英国海軍のベケットが残りの海賊達を一掃しようと、船を進めた瞬間、
再びフライングダッチマン号が海から現れました。
しかし、フライングダッチマン号の船長となっていたのはウィルです。

スポンサーリンク


デイビィ・ジョーンズの心臓を貫いた者こそが、今度はジョーンズに代わり、
フライングダッチマン号の船長を務めるという決まりだったのです。
ブラックパール号とフライングダッチマン号のタッグにより、
英国海軍のベケットは破滅し、海賊達は戦いに勝利しました。

パイレーツオブカリビアン3/ワールドエンドの感想や評価まとめ!

パイレーツオブカリビアン3

ついにパイレーツオブカリビアンシリーズ3部作が完結です!
1作目が面白すぎたため、2作目と3作目の評価は低いですが、僕は面白いと思います。
ただ、2作目と同様に上映時間が長すぎる上に、盛り上がるのが最後の40分です。
盛り上がるまでに2時間かかるので、人によっては途中でダレるかもしれません。

今作は話が複雑で難しいんですよね。ウィルが敵になったり、
ジャックがジョーンズ側についたり、しょっちゅう敵と味方が入れ替わります。
ストーリーをきちんと追っていないと置いてけぼりをくらいます。
僕も映画館で観ていて、誰が味方で誰が敵なんだが、よくわかりませんでした。

1作目と2作目はジャックの登場シーンがカッコよくてワクワクしたんですけど、
今作では、なんていうかダサいです。というか、複数ジャックがいた意味がわかりません。
1作目と違って話が複雑になりすぎてて、ちょっとついていけないんですよね。

それでも見終わったあとは『あ〜めちゃくちゃ面白かったな!』となる作品です。
最後の戦闘シーンが迫力満点だからでしょうね。全て最後の40分に持って行かれた!
って感じです。さすが戦闘シーンに3ヶ月間をかけて撮影しただけあって、ここまで、
映像や音楽や迫力など、全てのクオリティが高いアクションは観たことがないです。
歴代観た映画の中でナンバー1のアクションシーンと言っても過言ではありません。

相変わらずキャラクターも個性的ですし、音楽も超カッコイイです。
個人的には、1作目では敵同士だった、バルボッサと手を組んで戦うのが嬉しかったです。
バルボッサは、敵ながら憎めない好きなキャラクターなので!
船長の座を争っているところも、子供っぽくて面白かったです 笑

ウィルとエリザベスの結婚シーンも、『ここで式あげるの!?』
と思った人は多かったはず。戦闘中に口づけを交わす二人がなんとも美しかったですね。
しかも、まさかバルボッサが二人の見届け人になっちゃうとは^^;

ストーリーは複雑で難しいですし、上映時間も長くて疲れます。
ストーリーをう少しわかりやすくしてもらえればありがたいですが、
映像、音楽、キャラクターは、どれをとっても最高です。
3作目だけ観ても意味がわからないので、1作目から順番に観ていただければと思います。
パイレーツオブカリビアンシリーズは3作ともオススメの作品です!

パイレーツオブカリビアンシリーズ全作品は、
動画配信サービスの『U-NEXT』で配信中です。

▼無料登録はこちらから▼

U-NEXTはパイレーツオブカリビアンシリーズはもちろんのこと、
映画、ドラマ、アニメ、更には漫画や雑誌など、
120,000本以上の作品を取り扱っています。
これらが全作品がインターネット上で楽しめる!

月額1,990円ですが、
なんと今なら31日間は無料でお試し可能です!
更に600円分のポイントが無料でもらえます。

パイレーツオブカリビアンシリーズは、
1作品観るのに324〜432ポイントが必要です。
初回登録の600ポイントを使えば、1作品を無料視聴できます。

31日以内に退会すれば、料金は一切掛かりません。
それどころか、登録するだけで600ポイントがもらえるので、
本来は有料の作品も、登録から31日間は無料で楽しめます。

パイレーツオブカリビアンの全シリーズが
インターネット上で楽しめるのはU-NEXTだけ。
31日間無料で600円分のポイントがもらえるこの期間中に、
ぜひ試してみてくださいね。

パイレーツオブカリビアン3/ワールドエンドをユタカが評価!(☆5点中)

ストーリー :☆☆☆
キャラクター:☆☆☆☆☆
音楽    :☆☆☆☆☆
冒険感   :☆☆☆☆
総合点数  :☆☆☆☆

▼無料登録はこちらから▼

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です