ザ・グリードの感想や評価は?あらすじや結末のネタバレまとめ!

ザ・グリード

どうも〜自称映画評論家のユタカです!

今日はB級映画の最高峰(個人的感想)である。
『ザ・グリード』の感想や評価についてです。

ストーリーのあらすじや、結末のネタバレもまとめてみました!

スポンサーリンク


ザ・グリードとは?

ザ・グリード

ハムナプトラで有名な、スティーブン・ソマーズ監督により、
1998年に公開された映画作品。
知る人ぞ知るB級映画の名作で、個人的も大大大好きな映画です。
何気にファムケ・ヤンセンという名女優なんかも出演しています。

続編も期待されている作品なのですが、
おそらく続編制作の可能性は限りなく0に近いです。
製作費4500万ドル(日本円で約54億ぐらい)に対して、
興行収入は1100万ドル(日本円で約13億ぐらい)と大赤字。

作品的には評価は高めなのですが、興行収入的には大失敗の作品です。
とは言っても、観客には興行収入なんてどうでもいいです。
面白ければいいんです!ということで、気にせず観てください。

ザ・グリードのストーリーのあらすじは?

ザ・グリード

映画の舞台は南シナ海の豪華客船です。
密輸業者のフィネガンは、依頼主である武装グループと共に、
今にも壊れそうな船で武器を運んでいました。

そんな中で、漂流していたモーターボートと激突し、船は故障してしまいます。
突然のアクシデントに戸惑う一行でしたが、幸運なことに近くに豪華客船を発見。
助けを求めに客船に乗り込むことにしました。

しかし、3,000人もの乗客が乗っていたとされる豪華客船には、
人っ子一人見当たりません。船を探索して発見したのは、船主と船長と泥棒の女性のみ。

彼らの証言によると、3,000人もの客人たちは、
船を襲ってきた謎の生物に食べられてしまったとのこと。
何がなんだかわからないフィネガンたちでしたが、彼らの前に謎の巨大生物が現れました。

その生物こそが、3,000人もの乗客を食した、
古代の深海から存在する、巨大なワーム類の一種だったのです・・・。

ザ・グリードのストーリー結末のネタバレ!

ザ・グリード

船主のサイモンは、資金操りに苦しんでいたため、
船を転覆させ、保険金で借金を賄おうともくろんでいました。
そんな計画の最中、グリードが現れ、もくろみは失敗。
サイモンは自分だけ助かろうと、一人でフィネガンの船に逃げ込みます。

スポンサーリンク


これで逃げ切れると思っていたサイモンですが、
船は自動操縦に切り替わっており、巨大客船へと向かっていました。
フィネガンらが、自分たちの船を客船へぶつけて、
大爆発でグリードを葬り去ろうとしていたのです。

衝突により船は大爆発し、サイモンとグリードは消滅。
その間に、フィネガンとトリリアンは、
モーターボートで客船から逃げ出していました。

近くの島への脱出を果たしたフィネガンとトリリアンは、
グリードにやられたと思っていたパントゥーチと再開します。
パントゥーチはグリードにやられる、ギリギリのところで脱出していたのです。

ようやく平和を感じる3人でしたが、
島では火山が爆発し、さらに巨大なうめき声が聞こえました。
『お次はなんだ!?』そのフィネガンの一声で、映画は幕を閉じます。

ザ・グリードの感想や評価まとめ!

ザ・グリード

個人的にはB級映画の中でもかなり完成度が高い作品だと思います。
ストーリーは単純で、ビックリするような展開もありません。
『あーはいはい。このお決まりのパターンね。この人は最後に死ぬよね。』
と、誰もが予想できる展開で話が進みます。で、本当に予想通りに人が死にます 笑

CGのクオリティも低く、グリードの映像も思いっきり偽物っぽいです。
『1998年の作品だったら、もう少し綺麗なCG技術はあるでしょ!』
と、思ってしまうような、合成やCGのシーンがたくさんあります。

ただ、それでも面白いです!この単純なストーリーが良いんだ!
この予想通りになる展開が良いんだ!このチープなCGが良いんだ!
まさにB級映画のお手本となるような映画だと思いますね。

まだ若かりし時代のファムケ・ヤンセンが美女泥棒役で出演しているのですが、
これがまた美人でセクシーです。
エイリアンのようなグロテスクなモンスターばかり観ているのはキツイですが、
ファムケ・ヤンセンが目の保養になってくれます 笑

パントゥーチもお調子者の良いキャラをしており、
フィネガンと二人の掛け合いが面白いです。
こういうキャラクターが一人いるだけで、映画がコメディチックになりますね。

ちなみに、ザ・グリードではエイリアン4で
観たことのあるようなシーンがちょいちょいありますが、パクリではありません。
飽くまでも、オマージュです!とても面白い作品なのですが、
DVD化されていないため、TSUTAYAやゲオでレンタルすることはできません。

現在ザ・グリードを観る方法としては、ネットの動画配信サービスを利用するしかないです。
最近ですと、dTVという動画配信サービスで、ザ・グリードが配信されているようですね。
動画配信サービスは数週間のお試し期間があり、その間に退会すれば料金は掛かりません。
ザ・グリードを無料観たい場合は、下のリンクから動画配信サービスに登録してみてください。

ザ・グリードをユタカが評価!(☆5点中)

ストーリー :☆☆☆☆
キャラクター:☆☆☆☆
音楽    :☆☆☆
B級    :☆☆☆☆
総合点数  :☆☆☆☆

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です