渇き。(映画)の感想や評価は?あらすじや結末のネタバレまとめ!

渇き

どうも〜自称映画評論家のユタカです!

今日はミステリー小説『果てしなき渇き』の映画版、
『渇き。』の感想や評価についてです。

ストーリーのあらすじや、結末のネタバレもまとめてみました!

スポンサーリンク


渇き。とは?

渇き

第3回『このミステリーがすごい!』の大賞に選ばれた、
深町秋生の作品『果てしなき渇き』の映画版です。
『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『告白』などを手がけた、
中島哲也監督により、2014年に映像化されました。

役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、中谷美紀、オダギリジョーなど、
実力派の役者陣が一癖も二癖もあるキャラクターを演じます。
ストーリー、映像共にかなりグロテスクな作品のため、R-15指定です。
世界観も独特なため、好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思います。

渇き。のあらすじは?

渇き

成績優秀で容姿端麗の可奈子という女子高生が、
ある日行方をくらまして消息不明となります。可奈子は学校では優等生でしたが、
両親は離婚し、家庭でも問題を抱えていました。可奈子の父親であり、
元警察官の藤島は、行方不明になった可奈子を探し出そうと、一人で捜査を始めます。

藤島は捜査を進めるうちに、自分の娘がある犯罪組織に関わっていおり、
それが失踪の理由になっていることを知りました。
誰にでも優しく、頭も良かった可奈子。しかしそれは表の顔。
裏の顔は恐ろしく、とんでもない犯罪に手を染めていたのです・・・。

渇き。のストーリー結末のネタバレ!

渇き

可奈子が、ある児童売春組織に関わっていることを知った藤島。
可奈子はその犯罪が引き金となって、既に命を落としていました。
一体誰が可奈子を亡き者にしたのでしょうか?
・・・犯人は、可奈子の学校の担任の東という女性です。

スポンサーリンク


犯行の動機は、東の娘が可奈子によって、
悪の道に引き連れ込まれてしまったということでした。
東の娘は、可奈子の巧みな話術によって、児童売春組織で働かされていたのです。
その事実を知った東は、復習として可奈子の命を奪いました。

自分の娘が殺されたことを知った藤島は東を拉致し、
可奈子が埋められている場所を聞き出します。
可奈子が雪山の中に埋められていることを知った藤島は、
可奈子を見つけるため、スコップで永遠と雪山を掘り返すのでした・・・。

渇き。の感想や評価まとめ!

渇き

ストーリーも映像も、全体的にかなりグロテスクです。
見ていて目を背けたくなるシーンや、
あまりにも生々しくて気分が悪くなるシーンも満載でした。

耳をカッターで切られるシーンとか、男が男に襲われるシーンとか、
悪趣味極まりなかったです。ここまで来ると、グロさも芸術に思えてきます。
そういうのが苦手な方は観ないほうが良いですし、
間違っても親子や恋人同士で観る映画ではありません。
僕は妻と一緒に観ましたが、観終わった後に不快感ばかりが残りました。

行方不明になった可奈子はどこに行ったのか?
可奈子はどんな犯罪に手を染めていたのか?一体誰が可奈子の命を奪ったのか?
と、ミステリーの要素がふんだんに散りばめられているので、
徐々に真相が明るみになっていくのは面白いです。

ただ、グロテスクな映像やぶっ飛んだ映像が続くため、
そっちに気が取られてしまって、あまりストーリーに集中できませんでした。
観終わった後に、なんかグロくて残酷な映画だったな。という感想しか残らなかったです。

登場人物も多く、物語も二転三転する話なので、
この手のストーリーを映画にするとゴチャゴチャになってしまいます。
ぶっちゃけ内容が難しくて、あんまりストーリーは覚えていません。

僕は映画の『渇き。』から観てしまいましたが、
できれば先に原作の『果てしなき渇き』を読んでおけば良かったです。
そうすれば、もう少しスムーズに話が理解できたと思いますし、
映画の感想もまた変わっていたと思います。

『アクの強いミステリー映画が観たい!』『小松菜奈の大ファンだ!』
『グロい映像も全然OK!』という方にとっては、面白い映画になるかもしれません。
逆にそういう作品が苦手で、純粋にミステリー作品を楽しみたい!
という方は、映画よりも原作を読んだほうが良いと思います。

渇き。をユタカが評価!(☆5点中)

ストーリー :☆☆
キャラクター:☆☆
音楽    :☆☆☆
グロさ   :☆☆☆☆
総合点数  :☆☆

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です