ハリーポッター(映画)を観る順番は?シリーズのあらすじまとめ!

ハリーポッター

どうも〜自称映画評論家のユタカです!

今回は映画版のハリーポッターシリーズを、
どういう順番で観れば良いのかを書いていきます。

シリーズ毎のあらすじもまとめているので、
これから映画を観る場合は参考にしてみてください!

スポンサーリンク


ハリーポッター映画版とは?

ハリーポッター

J・K・ローリング原作のハリーポッターシリーズの映画版。
原作は、1997年発行後、シリーズ累計7作品が、
全世界4億5,000万部ものヒットを飛ばしました。

僕も原作7作品、映画全8作品を全て見ましたが、
これほどクオリティの高いエンターテイメント作品は、
ハリーポッターシリーズしか出会ったことがありません。

原作ファンの僕にしてみれば、
映画を観る前に小説を読んでいただきたいです。

あの分厚い原作を2時間映画にまとめるのは無理があり、
一部省略されたり改変されたり、
原作と映画ではストーリーに若干の違いがあります。

1作目2作目は、ページ数も少ないこともあり、
映画として上手くストーリーがまとめられていました。

監督もホームアローンを手がけたクリス・コロンバスだったので、
原作のファンタジー要素を活かした、
観ていてワクワクする映像に仕上がっています。

ところが4作目以降は原作が上下巻に分かれていることもあり、
ストーリーを大幅カットし、無理やり詰め込んでいる印象です。

もしも映画を観るのであれば、後にも先にも原作を読んでおいた方が、
話をスムーズに理解できると思います。

第1作目 ハリーポッターと賢者の石

ハリーポッターと賢者の石

公開日:2001年12月
監督 :クリス・コロンバス

両親を交通事故で失い、親戚の家に引き取られたハリー・ポッターという少年。
彼が10歳になったある日、ホグワーツ魔法魔術学校の入学許可証が届きます。
ハリーは魔法使いの子供で、両親は交通事故ではなく、
悪の魔法使い、ヴォルデモート卿に殺されたことを知りました。

ホグワーツへ入学したハリーでしたが、
そこでヴォルデモート卿が賢者の石を盗み出そうとしている計画に気づきます。
ハリーは賢者の石を守るため、友人のロン・ウィーズリー、
ハーマイオニー・グレンジャーと共に、ヴォルデモート卿と戦うのでした。

第2作目 ハリーポッターと秘密の部屋

ハリーポッターと秘密の部屋

公開日:2002年11月
監督 :クリス・コロンバス

ある日ハリーの家に、屋敷しもべ妖精のドビーが現れ、
ホグワーツに危険が迫っていることを告げました。
ドビーの忠告通り、ホグワーツ内で、
マグル(一般人)出身の生徒たちが石になるという事件が発生します。

事件の真相は、ホグワーツ内に存在する、
秘密の部屋が鍵を握っていると睨むハリーたち。
ハリーたちは、秘密の部屋を開くために、
ロンやハーマイオニーと一緒に情報を集め出します。

第3作目 ハリーポッターとアズカバンの囚人

ハリーポッターとアズカバンの囚人

公開日:2004年6月
監督 :アルフォンソ・キュアロン

脱獄不能の牢獄アズカバンから、凶悪殺人犯が脱走しました。
殺人犯は、ハリーの両親の親友であったシリウス・ブラックという人物。
ハリーは、シリウスが両親を死に追いやった張本人であり、
更に、友人のピーター・ペティグリーを殺害したことを知ります。

脱獄したシリウスは、ハリーの命を狙ってくると予測する大人たち。
しかしハリーは、自分の両親を殺したシリウスを憎み、
自ら見つけ出して戦いを挑もうとするのでした。

第4作目 ハリーポッターと炎のゴブレット

ハリーポッターと炎のゴブレット

公開日:2005年11月
監督 :マイク・ニューウェル

ホグワーツで、トライ・ウィザード・トーナメントいう、
3校で競い合う魔法競技会が開かれることになりました。
エントリーできるのは上級生のみですが、
なぜかハリーも競技のメンバーに選ばれてしまいます。

一度選ばれたら辞退不能のトライ・ウィザード・トーナメント。
ハリーは他の選手たちと一緒に競い合うことになりました。
第1回戦はドラゴンとの戦い。第2回戦は水中人間との戦い。
第3回戦は巨大迷路との戦い。順調にクリアしていくハリーでしたが、
その裏にはヴォルデモート卿が関わっていたのです。

スポンサーリンク


第5作目 ハリーポッターと不死鳥の騎士団

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

公開日:2007年7月
監督 :デヴィット・イェーツ

ヴォルデモート卿が復活したことを伝えるハリーでしたが、
魔法省大臣ファッジはその事実を認めないでいました。
ファッジはホグワーツやダンブルドアを監視する為に、
ドローレス・アンブリッジという役員を、
闇の魔術に対する防衛術の教師として送り込みます。

アンブリッジは生徒たちに実践的な防衛術を教えようとしません。
戦いに備えるべきだと思った生徒たちは、学校に内緒で、
自分たちで防衛術を身に付けようと決意します。
ハリーをリーダーとした、不死鳥の騎士団を結成するのです。

第6作目 ハリーポッターと謎のプリンス

ハリーポッターと謎のプリンス

公開日:2009年7月
監督 :デヴィット・イェーツ

薬学の授業中に、ハリーは教室で使い古しの教科書を見つけます。
教科書の書き込み通りに実技をこなしていったハリーは、
薬学の授業で最高得点を獲得。持ち主は誰かはわかりませんが、
謎のプリンスという謎の名前が書かれていました。

そんな時にハリーは、ヴォルデモートを倒すために、
ダンブルドアからある使命を託されます。
ヴォルデモートを葬り去るには、分霊箱という、
魂が込められた7つの物質を破壊する必要があったのです。

第7作目 ハリーポッターと死の秘宝 Part1

ハリーポッターと死の秘宝パート1

公開日:2010年11月
監督 :デヴィット・イェーツ

スネイプの一撃によって、ダンブルドアは命を落としました。
ヴォルデモート卿も力を取り戻し、魔法界だけでなく現実世界にも
その影響が及んできています。ハリーはヴォルデモート卿を葬り去るために、
ロンとハーマイオニーと共に、分霊箱を探す旅に出ることを決意します。

旅に出た3人ですが、手がかりも少なく、なかなか思うように探し出しません。
仲間割れでロンが離脱したり、信頼関係を失ったり、不安にかられたり・・・
分霊箱探しの旅は、思った以上の困難を極めるのでした。

第8作目 ハリーポッターと死の秘宝 Part2

ハリーポッターと死の秘宝パート2

公開日:2011年7月
監督 :デヴィット・イェーツ

最終章死の秘宝Part1の続編。全ての謎が明らかになります。
ハリーたちは旅を続ける途中で、死の秘宝の話を知りました。
『ニワトコの杖』『透明マント』『蘇りの石』、
この3つを手に入れた者こそが最強の魔法使いになれます。

既にヴォルデモート卿は、最強の杖であるニワトコの杖を手入れて、
魔法界侵略の準備を万全に整えていました。
ハリーはヴォルデモートとの最終決戦に備えるべく、
残りの分霊箱を全て破壊し、蘇りの石をてに入れようとします。

ハリーポッターシリーズを観る順番のまとめ!

映画を観る順番としては、次の通りです。

1.ハリーポッターと賢者の石
2.ハリーポッターと秘密の部屋
3.ハリーポッターとアズカバンの囚人
4.ハリーポッターと炎のゴブレット
5.ハリーポッターと不死鳥の騎士団
6.ハリーポッターと謎のプリンス
7.ハリーポッターと死の秘宝 Part1
8.ハリーポッターと死の秘宝 Part2

順番を飛ばしても話がわかるシリーズ映画もありますが、
ハリーポッターは、前作を観ていなければ話の流れがつかめません。

もしも映画を観るのであれば、順番に観るか、
もしくは事前に原作を読んで復習しておくことをお勧めします。

ハリーポッターシリーズ全作品は、
動画配信サービスの『U-NEXT』で配信中です。

▼無料登録はこちらから▼

U-NEXTはハリーポッターシリーズはもちろんのこと、
映画、ドラマ、アニメ、更には漫画や雑誌など、
120,000本以上の作品を取り扱っています。
これらが全作品がインターネット上で楽しめる!

月額1,990円ですが、
なんと今なら31日間は無料でお試し可能です!
更に600円分のポイントが無料でもらえます。

ハリーポッターシリーズは、
1作品観るのに324ポイントが必要です。
初回登録の600ポイントを使えば、1作品を無料視聴できます。

31日以内に退会すれば、料金は一切掛かりません。
それどころか、登録するだけで600ポイントがもらえるので、
本来は有料の作品も、登録から31日間は無料で楽しめます。

ハリーポッターの全シリーズが
インターネット上で楽しめるのはU-NEXTだけ。
31日間無料で600円分のポイントがもらえるこの期間中に、
ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です